【秋田の山菜】アクが少ない山菜「こごみ」さっぱり食べるなら酢味噌がいい!

こちらも、今回が初物の山菜「こごみ」です。

P_20160428_011009_1

こごみ」は「クサソテツ」とも言います。

1つの株から、複数7本くらいまとまって生えています。

小さいときはワラビと区別がつかなかったこごみ、ザ・山菜なフォルムです。

独特な形で株に複数まとまって生えているので比較的見つけやす山菜です。

湿気のある場所におおいです。

根元のところで、軽くポキッとおれるところで取ると食べやすい硬さです。

春頃の緑がきれいな時期が採取時期だと思います。

アクは少ないので、軽く火をとおすだけで食べられるので手軽さがあります。

わが家でのこごみは酢味噌でたべます。

P_20160429_092119

こごみの酢味噌の作り方

【こごみをゆでる】

・しっかり洗いましょう。茶色の綿毛がついている時はよく落とします。

・茎だけ30秒ほど先にゆでます。

・全体を1分ゆでます。

・水にさらします。

【酢味噌】

酢 1

味噌 1

砂糖 1/2

みりん 1/2

あと、はお好みでつけて食べるだけ。

サシボの味噌汁と一緒に朝食にいただきましたが、クセはないのでさっぱりした味で美味しかったです。

マヨネーズなんかも合いそうですね。