【2018年】ドライブ必須カー用品のサングラスホルダー決定版

co-diaryを読んでいただきありがとうございます。

天気がいい日のドライブはとても気持ちがいいものですよね。たとえそれが通勤であっても運転好きの筆者はちょっと気分が上がります。

気持ちのいい日差しですが、そのまま見ていると日差しが目を傷つけてしまい白内障の原因となってしまう可能性があるそうです。

こわいですよね。それ以来、車ではちょっと眩しいとサングラスをかけるようにしています。まぶしくて、前が見えないという事がなくなり安全運転につながると実感しておすすめですよ。

サングラスのかけたり、はずしたりする際にサングラスホルダーがあると大変便利です。ただ、これまでいくつもつかってきましたが、プラスチックの可動部が壊れて何度もサングラスホルダーを買い替えてきました

そしてついに最強のサングラスホルダーを見つけました。

星光産業 サングラスホルダー 車用 ブラック EC-123

こちらが、超絶おすすめのサングラスホルダーです。星光産業のサングラスホルダー 車用 ブラック EC-123という商品になります。

価格は1000円を切っていて、カーショップでうっているプラスチックとなんらかわりませんが、機能が抜群です。デザインも好みあるとおもいますがシンプルで結構よくないですか?

マグネット式の着脱が神

もうこの「マグネット式を採用している」これにつきます!

運転しながら、ノールックで取ったり、戻したりがやりやすいんです。
つまり、操作のしやすが抜群です。

そして、プラスチックでなんども経験した数ヶ月でバキッとどっか折れるという可能性がありません。
数あるサングラスホルダーの中でダントツに耐久性が高いんです。

やわらかい素材でサングラスに傷がつきにくい

高級なサングラスを使用する人でも、本革調の素材は柔らかで傷をつける心配がありませんよ。

あと、サングラスホルダーの中にはバックミラーに取り付けるタイプもありますが、サンググラスのレンズって高温になるとクラックという減少がおきてダメになってしまうんです。ですから、ガラスから出ている部分だと夏場に確実にレンズが行かれてしまうのでおすすめできません。

バイザー裏なら、そこまで日差しがあたらないので自分できには許容範囲とおもってメインのオークリーのサングラスをいつもつけっぱなしで使っていますよ。

もうサングラスホルダーは、ディラーでもこれ標準規格でオプションプレゼントとかしてくれていいくらいの完成度です。買ってそんはありまんせよ!