【2018年度版】MacBook Pro2017傷防止アクセサアリーおすすめ5選

先日、整備済製品でMacBook Pro2017retinaモデル13インチを購入しました。

わずか1カ月で、不具合が発生しました。その後1週間ほど修理行きとなりましたが、その後は問題なく快適です。

修理があったもの、使いごこちはすごくいいというのが感想
長いつきあいになると思い、キズから守るアクセサリーをいくつかつけました。

できるだけ、MacBook Proのそのままのイメージを保つアクセサリーを選びました。デザインや色はそのまま使いたい方におすすめのアクセサリーとなっています。

MacBook Pro2017retinaモデル13インチは、2016のモデルと外寸やキーボードの配置などが一緒です。2016モデル専用というアクセサリーが適合しますよ

MacBook Pro2017専用のクリアハードケース

外部のキズを守るため、ハードケースをつけました。

シールは、薄いというメリットがあり良さそうでしたが、以下デメリットがありやめました。

・修理でappleに送る際に剥がす(再利用不可)
・キレイに貼るのが難しい
・値段が割高(5千前後)

結果、修理もありましたしクリアケースでよかったなと思っています。外観や質感もキレイで気持ちがよく満足しています。

MacBook Pro2017専用のキーボードカバー

筆者は、乾燥肌・手汗も少ないタイプですがキーボードの指紋後が気になりました。長く使うとキーボードがテカるケースも多いようだったのでキーボードカバーをつけることにしました。

シリコンタイプで、薄いのが特徴です。

タイピンングの静音効果もあります。そのまま閉じたりして問題ないです。キーボードのライトは見えなくなってしまいます。

チープな感じもなく、自然だったのでよかったと思ってます。

MacBook Pro2017専用のトラックパッドシール

 

手汗が少ないタイプですが、夏場は、左手の湿り気がタッチパネル横の本体にずーっとついているのが気になりました。

トラックパットシールとセットになっているのでこちらを貼ることにしました。

クリアケースの爪と少し干渉してしまうのが残念ポイントでした。

質感や、効果としてはすごくいいのかなと思います。

MacBook Pro2017専用の保護フィルム

このクリアフィルムは、貼るのが難しかったです。気泡も小さく残りました

ただ、価格が安い割にはクリア度が高いのがいい点です。

気泡も、貼った時には、「あ〜あ・・・」くらいに凹みましたが、使っている時は、全然気になりませんモニターが付いていると全くわからないくらいの気泡だということですね。

MacBook Pro2017専用マグネットのぞき見防止フィルター

個人的には、カフェで作業をする時にこれ必須です。

完全に、四角から見えないわけでありません。
また、光度を8〜9段階にしないと暗いと感じます。

それでも、周りの目を気にせず作業ができるし、光で画面がギラつくときにアンチグレア加工でクリアに見れるのが最高です。