【2018年更新】豆から挽いてペーパードリップでいれる休日のおいしいコーヒー

コーヒーが好きです。自分も妻も、いつも毎日のように飲みたい人です。忙しいときは、手軽に入れられるものもよく飲みます。結婚するまえは、カフェめぐりにもよく行っていました。隙間時間をみつけて、作業や勉強をする事があるので、普通にマックやスタバなんかも利用します。今は、時間をつくって豆を挽いて入れるのが、いつもの日常にある特別な時間です。豆は、いろいろなお店の一押しブレンドから試してみることが多いです。ハンドミルは、2つ持っています。今日は、3,000円位で買った、刃がセラミックでできていて水洗いできるこのタイプで入れました。

P_20160408_080806

今日は、オーソドックスなペーパードリップです。豆をハンドミルに入れます。

ハンドミルで豆を挽く

P_20160408_080955

以外と力がいる作業。1歳5か月のわが子がやらせての膝に乗ってきますが、重いハンドルにあきらめます。挽いたらペーパードリップにセットします。少しゆすってならす程度。粉を押したりはしません。

90度くらいで入れる。

P_20160408_081621

お湯は、熱々より少し覚まします。90度位でしょうか。沸騰したお湯でいれると、苦みがつよかったりする気がします。ざっくりなので、いちいちはかっていませんが、沸騰したお湯を、コーヒーポットに移し替えてから、豆を挽くと丁度いいです。

40秒前後蒸らす。

P_20160408_081936

粉の真ん中に静かにそそいで、ヘリにはかけず中心でののじを描くように入れます。下に「タチッ」ときたらストップ。40秒くらいすのまま待ちます。蒸らすためです。同じ豆でいれるときは、味の癖が強いなというときは30秒くらいまで減らしたりもっとじっくり味を楽しみたいという時は1分位まで調整します。お好みで。

粉の「どて」を崩さず、ののじに3分を目安に入れる。

あとは一定の量で、ののじに入れます。量に限らず、2~3分で入れ終わるようにします。

P_20160408_082515

完成です。

P_20160408_082546

①90度くらいで入れる。

②40秒前後蒸らす。

③粉のどてを崩さず、ののじに3分を目安に入れる。

これで、結構味が安定して楽しめています。その時の違いもまた楽しめるのであまり神経質にならず淹れています。少し、チョコレートとか甘いものと一緒にのむと一層美味しいです。