お得なポイント利用方法を公開、クレカ2枚持ちわが家の使い方。

新年あけましておめでとうございます。

去年の3月に初めたブログですが、自分が思った以上に読んでいただける方がいる事に大変うれしく励みになっています。

去年は、後半書くことができませんでしたが、引き続き読んでいただけるよう記事を書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

去年は、クレジットカード2枚持ちの生活を1年しました。こちらの成果報告の記事を書こうと思います。

レックスカードでの成果

レックスカード(JACCS)による支払い値引きが下記のとおり。

2016年2月  1,500円

2016年5月  3,000円

2016年8月  3,000円

2016年12月 3,000円

合計で10,500円

こちらは、随時直近の支払額から値引きしれくれました。

 

こんな感じで、ポイントがたまった分を専用サイトで使いますってやるとお返事がきます。

還元率の改悪といわれる事のあるレックスカード

1.75%だった還元率が1.5%になってしまったからですね。そういう自分も1.75%の時の申し込んだので残念だったのは残念ですが、定期的で支払う、保険料や電気代を口座振替していたのでまた別のクレカに乗り換えるのも手間だったので1年そのまま使っていました。保険も積立の内容がほとんどで、利息のいい貯金といった感じです。必要な分の医療保険、生命保険もかけています。それでも、貯金より全然利率がいいし利率も保証されてる商品なのでそれだけでもお得なんですがさらに保険料のお支払いもクレジット払いする事で、クレジットポイントももらえてしまうんですね。

ということでその支払いが月57,000円なので1年で684,000円です。

これだけで、レックスカードの1.5%の還元率を維持するための、年会費2,700円が無料にできます。初年度無料、翌年以降は前年の利用額が50万円以下で無料なので。

660,000万円×1.5%=10,260円

計算上とほぼ同額、年間1万円の得ですね。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードはIDの電子マネーを付けて、家族分を1枚発行して、妻と使いました。

食費、雑費、お買い物がメインです。旅行に行った時の支払や車検なんかもこれて使っているので、月10万円前後支払いがありました。お互いに支払明細を確認していたので、目立った無駄遣いはなかったように思います。ただ、必要なモノだからという時、先買いする傾向がやはりでてしまったかなと、そこは唯一の反省点だと感じました。

スターバックスの5,000円ギフトカードをもらいました。夫婦のちょっとした贅沢にスタバのコーヒーは使うので、とっても嬉しいです。今年のクレジットカード2枚生活は、キャッシュの引き出しが激減し、財布も小さくなり身軽にしてくれました。

また、Tポイントを4000ポイント(実質4000円)をもらいまいした。

9,000円分の恩恵を受けていますが、こちらはゴールドカードの年会費5,400円があるので

実質は3,600円ですね。

2枚で合計14,100円分のお得という感じでした。

メリット

いつでも、カードで支払できる利便性と現金引き落としが生活から激減する解放感はすばらしい。

お財布が小さくですみます。これは大きい!

 

デメリット

ゴールドカードでの保障される安心感が不要なら、クラシックにランクダウンがお金だけ考えるとあり?かなと。

あとは、やはりキャッシュでないため、必要なモノと感じると買ってしまうことがあったので後になって請求の多い月もあったりしたのは事実でしたね…汗

「必要なモノだから」の買いすぎてしまう。これは、クレジットを使うルールを自分たちで明確化してい「欲しいモノ」だけの時を排除してくことが必要だと感じました。

勉強代と思って、今年はしっかりイレギュラーな支出も管理していきたいと思います。以上を踏まえて、今年は生活していこうと思います。