山菜の中で一番好きな「ミズ」は絶品!「ミズのタタキ」はさっぱり味

一番大好きな「ミズ」が今年、初物でした。

うれしいですね、次々とハツモノの山菜に出会える春は楽しいです。

根が紫がかっているのが特徴です。

P_20160501_185547

ミズ

いろんな呼び名がある「ミズ」

場所:湿度のある斜面

時期:春

別名;ウワバミソウ、ミズナ、アカミズ

ミズのバター炒めは絶品

山菜が大好きですが、その中で最も好きなのがこの「ミズ」です。

「ミズ」は小さいときに父に連れていってもらい、雨で山が濡れる中すごく頑張って取った記憶があります。
その時の食べた、ミズのバター炒めが大好きで、「ミズ」が大好きになりました。
山菜とかのくくりを超えて、一番大好きな料理というぐらい大好きです。

今回は、「ミズのタタキ」にしていただきました。

今年中に絶対に一回は食べるのでその時にバター炒めは記事にします。

ミズのタタキ事件

朝、起きたらキッチンから包丁の裏で山菜をたたく音がタンタンと聞こえました。
妻が料理してくれてたんです。
タタキならワラビが大好きな自分は、
「今日は、ワラビタタキなの?」
と聞くと
「ううん、ミズタタキだよ!」
自分
「!!!!!!!!」
言葉を一瞬失ってしまいました、、、

ミズのバター炒めがこの世で一番すきなのに、昨日手に入ったミズは少しだけ、今回はミズのバター炒めが食べられない、、、
でも、妻がおいしい山菜の食べ方を考えて料理してくれいたのはすぐにわかりました。
責めるべき、問題はここにはありません、、、泣
ただ、ミズのバター炒めがなく、ミズのタタキがたべらるただそれだけの事です、、、泣き

タタキだってきっと美味しい、、、

という私の心が表情に出てしまったのでしょう。
妻が「あれ、ミズってタタキじゃないっけ??」
自分「あ、全然いんだよ、、、(泣笑)」

ここ数年いろんな山菜の登場で、妻は私がミズのバター炒めが好きなのを忘れていたとのこと
それは全然いんです。

ここまで、料理に執着することが自分にもあるんだなっとちょっとびっくり笑

ということで、タタキになる下りが長くなりましたが、
ミズのタタキをいただきました。

ミズのタタキ
P_20160502_083725

・葉先はお浸し用に切り落としました。

・皮が硬いので、包丁で剥がして下ごしらえします。

・ミズを包丁の裏、綿棒でたたきます。

・しょうが、味噌をあえて完成

ミズ特融のとろみ、粘りがあるとより「タタキ」が美味しいので、根に近いところが合う料理だと思います。

さっぱりしていて、朝食にはピッタリでした。

ミズのお浸し

P_20160502_183909

・少量の塩をいれたお湯

・2分ほどゆでる

・あげて、冷水でしめる

・鰹節かけて完成

ミズの葉の香りがすごくいいです。山菜らしい香りを楽しみたい方におすすめです。

しょうゆ、マヨネーズを好みでかけて食べます。