一人で作れる小屋づくり。扉をDIY

小屋づくりの続編です。屋根にトタンができ着々と進行してます。当初小屋部分は1,800×1,800㎜の予定でしたが、デッキ方向に延長することになりました。デッキは後からでも足せるので居住スペースを増やす事になりました。1,800×2,400㎜位にはなるん感じです。わが子は、小屋のほうがお気に入りで先日は、テントより工具だらけの小屋に入り、じいじを興味津々にみて質問攻めしていました。笑。子供は、自然に連れていくと虫なんか見るとびっくりするようで、それでも基本外で自分の遊び方を見つけて探検して楽しそうです。成長のイイ刺激にもなりそうですね。私も買ったチェアに腰掛けテントで寝ているだけだと、じいじに怒られそうなので、ちょっと頑張りました。原野には、いくつもの野生化した木々が生えています。当初の開拓でたくさん切り落としましたが、根が残っていて躓いたり畑の邪魔になっています。幾度となく挑戦しては諦めた大物を取ることに。。

根を入れて、50~60cmのサイズです。この状態で下に根が幾重にも張り付ていてびくともしません。ひたすら、唐鍬で回りを掘り下げました。この日は、暑く夕方なのに汗だくに。唐鍬で回りを堀りさげても、切り株の真下が根がついている模様。じいじが用意してくれていた。鉄の太くて、重い謎の棒。とその辺の木。

これでテコの原理で、切り株の下に入れて何方向からも切り離していきました。自分がテコの重りになり乗るたびにミシミシっと根が切れる音。いい感じ。ついに・・・

抜けました。めちゃくちゃ気持ちイイ。次に日体が筋肉痛になるのは間違いないですが、この達成感がかえがたい。まだあるので次回もやろう。そうこう、自分が遊んでいる?間に、じいじに呼ばれ手元の作業に、

扉は板で張り合わせた自作で、かなり丈夫でした。丁番を取り付けるため、呼ばれ作業しました。床との隙間もうまい具合にはまって扉はスムーズに開閉しました。立て付けよかったです。室内からの画像です。扉横の壁ができればいよいよ小屋の全貌が見てきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です