固形燃料があればどんなクッカーでも自動炊飯できることにきづいた話

デイキャンプにくりだしました。

気持ち〜。

カップラって山で食うとこんな美味しいんだな〜。

とか楽しむのつかの間

人間、欲が出るもので。笑

キャンプでご飯をたべたい。笑

そこで調べてみると、自動炊飯なるものがあるなので試してみることにしました。

固形燃料が消えるまでほったらかしにして、おもにメスティンで炊飯をする事例が多数。

メスティンか〜。

アマゾンで値段高いんだよな〜。

とりあえず、もっているクッカーでなんとかならないかなということで。

エスビットというコンパクトコンロの類似品が250円という破格で自動炊飯を可能にしてくれるなら、試してみようとやってみました。

家族での食事を考えると2合が希望だけどとりあえず1.5合に挑戦。

ステップ1)浸水40分。

ステップ2)固形燃料でほったらかし

ステップ3)30分ほど蒸らし

底に焦げ付くことなく、簡単に炊きあがりました。

感動。笑

若干、芯を感じるかな〜ってくらいで

まったく気にならないレベルで

とても美味しく炊けました。

下に敷いているのは100均のトレイです。

本物のエスビッタとメスティンは、必要かな〜と最初おもってましたが

このクッカーとエスビッタもどき?で十分そうです。笑