【2018年更新】A5システム手帳おすすめ3つの理由!とジェットストリームの組み合わせ

社会人になり10年ほどいろんな手帳をためしましたが、A5手帳はほかの手帳より効果が高いと強く感じています。

ライフプランを本格的書き込め、いわば人生の羅針盤的な役割をこなしてくれる存在です。

A5手帳は大きすぎると感じる人もいらっしゃるかとおもいますが、デスクで使用するにはA5手帳がとても重宝するのをご存知でしょうか?

A5手帳アースレザーの質感がいい

実は以前、「レイメイ藤井 システム手帳 ダヴィンチ スタンダード A5 ブラック DSA3002B」を使用していたのですが、、、どうしても、レザーが光に当たるとギラギラして好きになれませんでした

そこで、「レイメイ藤井 システム手帳 ダヴィンチ アースレザー A5 ブラック JDA154B」にしました。

アーズレザーは質感が落ち着いていて、すごくいいです。Amazonで10,890円です。この質感で、かなり安いと思います。

P_20160412_232102

A5手帳とジェットストリームとの相性がいい

ペンは三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 ネイビー です。ちなみに同色の2本目です。

多色ペンで困るのが、書いているときに軸がぶれる感じがあることです。でもこのペンは、ありません。シャーペンの書き味が安定しています。

それでいてAmazonだと571円。質感も安すぎず、仕事でもつかえるお気に入りです。一本目はわが子に、一瞬の隙をつかれてこわされました。苦笑

別記事で書いている通り自分は、クロスバイクで移動するのでモノは一つでも少なく、少しでも軽いことが重要です。A5システム手帳の機能面は、手帳の中でズバ抜けています。ただ、難点は一つ。重さです。わざわざA5システム手帳を選ぶ理由は、

1、バーチカルスケジュール
2、ノート
3、カードケース

この、3つの機能を完全に手帳にしてもらうことができるからです。DSA3002Bというシリーズはリング径が20㎜と小さく、A5手帳の中ではコンパクト。また、ベルトがないので。バックの出し入れで引っかかることもありません。ベルトがないので、バックの中で開くかなと思いましたがいまのところ問題ないようです。

 

1、バーチカルスケジュール機能

P_20160412_232213

1週間が見開きでみれて、一日の時間が縦軸で、目で見て時間の大きさが把握できるのがポイントです。どこに時間が空いているか、以外と時間がかかったことに気付くことができます。

隙間時間を有効活用するための必須ツールです。

横幅の狭い1日に、時間ごとにやること、やったことを手書きで要点でまとめるていきます。

一見手書きは時間がもったいないですが頭が整理されるので結果的に隙間時間を使う効果のほうが高く感じます。

なにより頭がスッキリします。休日に出先でスマホ一つで確認できると便利な歯医者や美容院の予約は、Googleスケジュールを併用しています。

2、ノート機能

P_20160412_232226

常に50枚くらい閉じてあるので、メモはもちろんほぼノートです。ノート代わりにガンガン書き込んで使います

ノートだと、用途が分かれると2冊、3冊と使い分けがありますが、並び替えられるので一つで対応できます。

自宅に使用したノートを閉じるファイルを用意しています。そちらで、仕分けします。

3、カードケース機能

クロスバイクに乗るため、財布は小さいモノを使っています。

そのため、たまにしか使わない必要なカード類は手帳に入れて持ち運びます。長財布を持たなくなった分軽量化を図っています。

+αの工夫①インデックス②目標(計画)を持ち歩く。

P_20160412_232325

「ポスト・イット ジョーブ 超丈夫なインデックス」を利用して、見出し分けしています。写真のグリーンのやつです。

題名はテプラで作って貼っています。厚みを取られないし、直近のページに貼りなおせるからすぐ開きたいページが開けるのが便利。

あとは、「人生計画を常に持ち歩いています」。長期のものなので1年ごとの手帳だと書き直しがありますが、これならそのまま移行できるのも利点です。

自分でこれで、他のノートやメモ帳、ペンケースを基本持ち歩きません。消しゴムだけはポーチに入れています。快適なのでおすすめですよ。ご参考になれば幸いです。