【2018年度】Appleの整備品を購入。ミニマリスト的MacBook ProとiPhone seの組合せで快適。

▼ミニマリストへの憧れ

自分はミニマリストの考え方が好きです。

普段から生活効率や気持ちの良さをモノを選びの基準にしています。

先に言い訳しますが、苦笑

真のミニマリストではありません。。汗

妻と子がいる生活なので、私だけ何もない部屋でベットマット一枚とかで寝だしたら、朝起きたら家族の判断で私が断捨離されて一人になってしまうかもしれません。汗

現状の生活環境では、部屋の隅々までをミニマリストを実現することは生活環境上できないと思っていますが、自分の身の回りのものは意識をして、無駄のない快適環境を考えています。もっとも生産性が重要な仕事周りのパソコンを今回一新しました。

▼MacBook Pro 2017を選んだ

この度、フリーランスで仕事をするようになり、パソコンで仕事するため使用頻度が高くなりました。

東芝のダイナブックをメインにasusのvivo bookを使い分けていました。ライトな使い方を想定したvivo bookでは外出時の作業に耐えきれず、次第にダイナブックをメインにしていました。

作業に煮詰まると外出の機会も増えてきていたので、持ち運べるパソコンで作業を完結する必要が出てきました。

必要スペックは

・core i5以上

・メモリ8G以上

・モニタ13インチ以上

・重さ1.5kg以下

・毎日長時間作業するので気持ちよく使える事

・できれば10万円前後

以上を踏まえ、満足する使用感をとり予算は少しオーバーしますが、MacBook Pro 2017にしました。

数あるパソコンの中で悩みましたが、今回は画像加工を行うため色の表現力が高いmacのレティーナ画面にすることに決めました。長時間のパソコン作業のため少しでも綺麗で見やすいというところもポイントでした。

▼MacBook Pro 2017とiPhone seの組合せ

iPhone seは今では4インチ画面のスマホを固持する唯一とも言える存在ですが、実はベンチマークはハイブランドスマホを同等のレベルで機能性には遜色はありません。それより圧倒的に手に馴染むサイズメリットが大きくて手放せません。最大のデメリットはやはり長時間みるには画面が小さくて疲れるという事。スマホの画面が大きくなると便利だなと思うことがありますが、自分の場合スマホで仕事をすることはないので、スマホが快適になってもせいぜい楽しくゲームをしてしまうだけなので大画面はパソコンに任せる使い分けが合っていると感じています。

MacBook Pro 2017とiPhone seの組合せは、見た目の統一感もさることながら、機能性のメリットが高かったです。下記の全てが非常にスムーズにパソコンを開いてすぐに同期内容を確認できるようになりました。

・メール、チャットワーク、ライン、電話と全ての連絡通知

・メモ帳の書いた内容

・スケジュール

・サファリのブックマーク

・Dropbox

この全てにタイムラグがなく、すぐに使えるというのが日常作業において無駄な作業や思考が減り、頭を格段にクリアにしてくれました。パソコンを開いたらすぐに作業に向かえる環境になりました。

▼Appleの整備品は狙いを決めておこう

価格コムで調べると、最安値を見ることができます。公式オンラインサイトよりお買い得になっています。こちらもグレードアップしものが必要なければお買い得ですね。ただ、今回自分は、公式オンラインサイトでAppleで初期不良などの製品を厳格な基準で新品同様の状態に直し少し値引きをして販売している整備品というものがあるのでそちらで買ってみることにしました。

▼整備品のメリット

・MacBook Pro 2017のエントリーモデルで約23,000円お得

・24回分割まで手数料無料

・1年保証

なので分割の利用も気兼ねなく利用できます。実は、2ヶ月ほど前に一度買おうとしたのですが買えませんでした。わずか半日の間に欲しいグレードは完売していました。整備品の人気ぶりを痛感し、次に出た時には迷わず買おうと決めました。なるべく毎日サイトを見るようにしていると突然10台くらい一気に出ます。そして1日またずほどなくなります

▼整備品の分割購入の流れ

・Appleの製品サイトにアクセス

・欲しい商品をクリック

・支払方法で分割を選ぶ

・個人の情報を入力(免許証が必要)

・完了→2日で届いた。

という流れでした。特に難しい箇所は、ありません。ちなみにフリーランスの方でも分割可能です。唯一注意点は、免許証の番号を入力をするので手元に情報がないと入力できません。他に人に買われてしまう前に確実に仕留めるなら免許番号をスクショなどしていつでも入力できるようにしておけば、仕事のお昼休みでの購入手続きが可能ですね。

▼MacBook Pro 2017を使ってみて

最初に思ったのが、キーボードが少ないなと思いました。それでも不便がないのは無駄がないという事なんだと思います。デザインや操作性にも無駄のない洗練された作業導線の見えないアプローチを感じます思考を作業に集中できます

最初に注意したことは以下の3点だけでした。

・メール、ライン、クラウドなど同期できるものを同期する

・基本のショートカットと覚える

・わからなければググる

これだけで、すぐに快適な作業に入る事ができています。自分と同じように長年windowsユーサーの方にも少しでも参考になればと思います。