「ガジェット」カテゴリーアーカイブ

整備品MacBook Pro 2017が購入1ヶ月で修理になった件

co-diaryを読んでいただきありがとうございます。
今回は、先日レビューした購入したばかりのMacBook Pro 2017が修理行きとなった件をレビューします。
整備品ってどうなの?と思っている方の参考になれば幸いです。

▼購入から1週間で砂嵐画面が出る

購入して1週間ほど、スリープ状態でmacを開くと1〜2秒ほど砂嵐の画面に時おりなることに気がつきました。
ただ、その後の動作の問題はなく複数のウィンドウをそのままスリープにしている時に砂嵐の画面の症状に見舞われたので、ウィンドウを閉じてからスリープするよう注意していました。

その後、砂嵐が出る回数は減ったように感じたのでそのまま様子を見ることにしました。

▼無料Wi-Fiをつかまなくなった

フリーランスで活動をしており、カフェで作業することも多くフリーWi-Fiスポットを利用する事がありました。
つい数日までには繋がった店で、突然フリーWi-Fiを掴まなくなりました

その場は、人と会って作業をする急ぎだったのでiPhone seのテザリングでしのぐ事にしました。

フリーWi-Fiは、日によってダメな日があると聞いた事があるのでそういう事もあるのかなと思いその時はそれほど気にしていませんでした。

その日、移動がありまた別の店でフリーWi-Fiを繋ごうとしてもダメでした。

同じ日に、2箇所でWi-Fiが掴めないなんてMacBook Proに原因があるかもしれないと思い、色々と試してみることにしました。

▼ネットワーク設定ファイルの削除をした

平たく言うと、Wi-Fiの履歴を消去したと言う事だと思います。

gori.meさんの記事を参考に

MacのWi-Fiが正常に繋がらない時、または速度が遅い時に試すべき方法

の「4.ネットワーク設定ファイルの削除」を処理を行いました。

すると、これまでのWi-Fiのパスワードを記憶して自動で繋がっていた履歴が削除されます。

そして自動的に新しいWi-Fiの環境を構築する

はずが、一向にWiFiマークがつきません。

あれ???

▼起動しなくなった

WiFiマークが点かない事には、ネットに繋がりません。

とりあえず、再起動して見るか。

Appleのマークと共に、風切音が鳴り出しました

風切音のイメージは、HDDパソコンがうなっている時のもっと高速な感じがずっと続く状態です。

・ログイン画面でパスワード入力
・落ちる
・再起動、Appleのマークで風切音

を繰り返しました。その後、起動する事はありませんでした。
この時点で、購入して1ヶ月でした。汗

復旧を試み試したこと

下記以外にも試しましたが全滅でした。

・「Shift」セーフモードで起動
・「Command」+「V」Verboseモードで起動
・「Command」+「S」シングルユーザモードで起動

Appleサポートに電話

夜の9時でしたが、サポートには1回で電話が繋がりました。
これでかなり気持ちは救われました。

その後、サポートの方と一緒に普及を心みるも結果が変わらず

メッセージで「SMC故障の可能性」と表示され修理行きが確定しました。その電話で、修理の手配をしてくれました。

サポートの方にいくつか確認しました。

・砂嵐は、本件とは別で症状は出ても問題ないとの事
gori.meさんの記事を参考に試みたことや、復旧措置には問題はなかったとの事でした。
・この故障と日頃の取り扱いは関係ないとの事でした。
・一年以内なので整備品の保証期間なので無償との事でした。
・修理期間は、Appleに到着後3日以内にお返しします

と言う回答でした。

▼修理の流れ

・サポート問い合わせ当日に修理手配完了
・翌日にヤマトがパソコンを引き取り
・6日後(土日を挟む)に修理完了で届く

▼修理内容

データはそのままで、画面や本体に貼ってあってシールはそのまま綺麗な状態で戻ってきました。

中には、Appleマークのクリアファイルに修理レポートが入っていまいした。
SMC修理とは、マザーボードの交換でした。
保証期間外であれば今は3万円ほどが修理上限との事、ひと昔前はマザーボードは7万〜8万と高額修理と知ってゾッとしました。

▼まとめ

その後、1週間ほど利用していますが、問題なく使えています。
整備品である以上、故障のリスクは少し高いようです。

ただ今回は保証期間であるので無料でマザーボードを新品にしてもらっとと思えばまぁ良いのかなと個人的には思っています。

迅速な対応で助かりましたが、それでも6日間パソコンが使えないと言うのは正直、仕事上困りました。前のパソコンも取っておくモノだと今回、良い教訓になりました。

今回は、整備品を検討されている方にリアルな修理体験をお届けできれば幸いです。

 

Appleの整備品を購入。ミニマリスト的MacBook ProとiPhone seの組合せで快適。

▼ミニマリストへの憧れ

自分はミニマリストの考え方が好きです。

普段から生活効率や気持ちの良さをモノを選びの基準にしています。

先に言い訳しますが、苦笑

真のミニマリストではありません。。汗

妻と子がいる生活なので、私だけ何もない部屋でベットマット一枚とかで寝だしたら、朝起きたら家族の判断で私が断捨離されて一人になってしまうかもしれません。汗

現状の生活環境では、部屋の隅々までをミニマリストを実現することは生活環境上できないと思っていますが、自分の身の回りのものは意識をして、無駄のない快適環境を考えています。もっとも生産性が重要な仕事周りのパソコンを今回一新しました。

▼MacBook Pro 2017を選んだ

この度、フリーランスで仕事をするようになり、パソコンで仕事するため使用頻度が高くなりました。

東芝のダイナブックをメインにasusのvivo bookを使い分けていました。ライトな使い方を想定したvivo bookでは外出時の作業に耐えきれず、次第にダイナブックをメインにしていました。

作業に煮詰まると外出の機会も増えてきていたので、持ち運べるパソコンで作業を完結する必要が出てきました。

必要スペックは

・core i5以上

・メモリ8G以上

・モニタ13インチ以上

・重さ1.5kg以下

・毎日長時間作業するので気持ちよく使える事

・できれば10万円前後

以上を踏まえ、満足する使用感をとり予算は少しオーバーしますが、MacBook Pro 2017にしました。

数あるパソコンの中で悩みましたが、今回は画像加工を行うため色の表現力が高いmacのレティーナ画面にすることに決めました。長時間のパソコン作業のため少しでも綺麗で見やすいというところもポイントでした。

▼MacBook Pro 2017とiPhone seの組合せ

iPhone seは今では4インチ画面のスマホを固持する唯一とも言える存在ですが、実はベンチマークはハイブランドスマホを同等のレベルで機能性には遜色はありません。それより圧倒的に手に馴染むサイズメリットが大きくて手放せません。最大のデメリットはやはり長時間みるには画面が小さくて疲れるという事。スマホの画面が大きくなると便利だなと思うことがありますが、自分の場合スマホで仕事をすることはないので、スマホが快適になってもせいぜい楽しくゲームをしてしまうだけなので大画面はパソコンに任せる使い分けが合っていると感じています。

MacBook Pro 2017とiPhone seの組合せは、見た目の統一感もさることながら、機能性のメリットが高かったです。下記の全てが非常にスムーズにパソコンを開いてすぐに同期内容を確認できるようになりました。

・メール、チャットワーク、ライン、電話と全ての連絡通知

・メモ帳の書いた内容

・スケジュール

・サファリのブックマーク

・Dropbox

この全てにタイムラグがなく、すぐに使えるというのが日常作業において無駄な作業や思考が減り、頭を格段にクリアにしてくれました。パソコンを開いたらすぐに作業に向かえる環境になりました。

▼Appleの整備品は狙いを決めておこう

価格コムで調べると、最安値を見ることができます。公式オンラインサイトよりお買い得になっています。こちらもグレードアップしものが必要なければお買い得ですね。ただ、今回自分は、公式オンラインサイトでAppleで初期不良などの製品を厳格な基準で新品同様の状態に直し少し値引きをして販売している整備品というものがあるのでそちらで買ってみることにしました。

▼整備品のメリット

・MacBook Pro 2017のエントリーモデルで約23,000円お得

・24回分割まで手数料無料

・1年保証

なので分割の利用も気兼ねなく利用できます。実は、2ヶ月ほど前に一度買おうとしたのですが買えませんでした。わずか半日の間に欲しいグレードは完売していました。整備品の人気ぶりを痛感し、次に出た時には迷わず買おうと決めました。なるべく毎日サイトを見るようにしていると突然10台くらい一気に出ます。そして1日またずほどなくなります

▼整備品の分割購入の流れ

・Appleの製品サイトにアクセス

・欲しい商品をクリック

・支払方法で分割を選ぶ

・個人の情報を入力(免許証が必要)

・完了→2日で届いた。

という流れでした。特に難しい箇所は、ありません。ちなみにフリーランスの方でも分割可能です。唯一注意点は、免許証の番号を入力をするので手元に情報がないと入力できません。他に人に買われてしまう前に確実に仕留めるなら免許番号をスクショなどしていつでも入力できるようにしておけば、仕事のお昼休みでの購入手続きが可能ですね。

▼MacBook Pro 2017を使ってみて

最初に思ったのが、キーボードが少ないなと思いました。それでも不便がないのは無駄がないという事なんだと思います。デザインや操作性にも無駄のない洗練された作業導線の見えないアプローチを感じます思考を作業に集中できます

最初に注意したことは以下の3点だけでした。

・メール、ライン、クラウドなど同期できるものを同期する

・基本のショートカットと覚える

・わからなければググる

これだけで、すぐに快適な作業に入る事ができています。自分と同じように長年windowsユーサーの方にも少しでも参考になればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

3万円のノートパソコンVivobook1年使用した感想

どこでも手軽に使えるASUS E200HA

ASUS E200HAを使用して1年が過ぎます。ブログはすべてこのPCから書いています。ネットしたり、ユーチューブ見たりちょっと家計簿をKingsoftで整理したり。もう一台、ハンディカムで取った動画を編集する様のPCがありますCorei5のメメモリ8Gですが、15.4インチと大きいのとHDDの音が気になる、初期動作が遅い、バッテリーの持ちが悪いということで、こちらのASUS E200HAのほうが断然使用頻度が高くなっています。デスクでも、ダイニングテーブルでも、ソファでくつろぎながらでも使えるのがすごくいいです。カフェなどでも使用するのも快適でした。

一年使ってわかったデメリット

デメリットも出てきました。保存容量が小さくて狭くなってきた。なにも入れるつもりないですがそれでも徐々に余裕がない状態に。。あとブログはワードプレスを使用していますが、画像編集がもたつきます。一枚の画像を回転させるだけで結構またされる感が。。。まぁ3万円だからね。徐々に、小さいメインPCでやりたい事が増え、具体的になったとも言えます。自分の場合。

不具合は徐々に改善

タッチパネルのスクロールが無効になる不具合

値段より十分な価値もありますよ。一年使ってもバッテリーの減りはそんなに気になりません。今の全然大丈夫です。たまに、なんのきっかけでなるのかわかりませんんが、タッチパネルの操作だけがスクロール機能を失うこと。ポイントは動くのに二本指のスクロールがいかない。これは、対処法は実にシンプル。再起動でOKです。手間ですけどね。ただ、再起動後に繰り返しタッチパネルが反応しなくなることはないです。ほんとたまに起動直後になる感じです。

スリープ画面でのフリーズ

スクロールの不具合と別にあるのが、スリープからの再操作でもフリーズの減少がありました。スリープ画面でのフリーズも強制終了からの再起動で復活させていました。

半年前から不具合はなくなる。

ある時を境に2つの不具合はまったくでなくなりました。おそらくシステムのバージョン更新のタイミングだと思います。かれこれ半年は、タッチパネルとスリープの不具合はないです。というか不具合事態他に起きていないです。

スリープからの操作ができれば手軽なのでこのトラブルが改善されてのは大きいです。1年使ってみて思うのは、タイピングしやすいと思います。

自分は仕事がらウインドウズのノートPCやデスクトップPCを使いますが、ASUS E200HAのキーボードは、打感が深すぎる事もないし、1年つかってもキーボードがへたる感じもないです。とはいえ、処理性能や保存容量の狭さを考えるとメインとしては将来的に無理があります。自分は13インチ位があっているようなのでその辺でメインになるモノも時期をみて検討していきたいと思います。もちろん手軽に使えるASUS E200HAにはサブ機として活躍してもらうことになる事と思います。

iPhone SEとiPad mini 2の組み合わせ5ヵ月目のレビュー

iPhone SEとiPad mini 2の2台持ち

iPhone SEはAppleで購入したSIMフリー。こちらはOCNモバイルONEで110MB/日で音声プラン月額1,728円です。OCNモバイルONEはもう4年以上前から使用していますが、いまは30ギガプランもあるようでサービスは多様化しているようです。iPad mini 2はYahooオークション2万円ちょっとで購入はauのセルラー版にしました。mineoの3ギガプラン月額972円で契約しています。2台で6ギガ3,000円弱という組み合わせです。iPad mini 2は出先で子供の動画みせたり、出先での動画やネットをする通信用です。hone SEでコンパクトさを優先させたため、小さい画面での操作は長時間だと目が疲れるので自宅ではWIFI環境で、iPad mini 2で操作するということにしました。これは5か月すぎてもとても快適です。

iPhone SEとiPad mini 2の組み合わせは2018年7月現在の利用中です。快適ですが、メインのパソコンもmacbook proにしてさらに快適環境になりました。購入記事はこちら↓

Appleの整備品を購入してみた。ミニマリスト的MacBook ProとiPhone seの組合せで快適になる。

iPad mini 2は防水ケースもいい

防水ケースでお風呂にも持って行っています。

防水性は安心感がある素材としっかりとした留め具だと思います。ただ、入れる際、画面にビニールが張り付いて入れずらいのと、横向きで奥と、留め具が邪魔して斜めになります。動画なんかをみるためにもってっているのでいつも若干斜めです。タオルなんかで調整しています。ただ、現状他に魅力的なケースがないので、及第点でコレを採用しています。防水性と素材の丈夫さがあるので、繰り返しガシガシ使えています。

中古タブレットはガシガシ使える

ブログ書くのはパソコンなので、タブレットはネットしたり動画みたりです。スマホと同期できるので、ライン、メール、ネット履歴を連携できるので、いつものスマホ環境を大画面でできるのでいいです。ただ、消耗品の部分があるので中古品でよかったと思っています。もちろん予算に余裕がある方は、新しいやもっと大画面もあるのでお好みだと思います。

4インチ画面も慣れる

iPhone SEはASUSのZenfoneMAXからの変更だったので5.5インチ画面から4インチ画面の変更でした。当初小さく感じていましたが、サイズダウンも慣れるものだと使ってみてわかりました。バッテリーの減りなんかも感がると一台サブのタブレットが自宅にあるのは他の端末を長く使うためにも賢い使い方かなと感じています。

 

小さい財布とiphone seとサイズ感が◎ミニマリストにもおすすめ

以前から、薄い小さい財布をつかっていましたが、

ずっと気になっていた、Abrasusの小さい財布を購入しました。

iphone seとのサイズ感がいいです。

ブッテロレザーにしました。

どちらもポケットにすっぽり入ります。

小さい財布Abrasusは、レビューされている方たくさんいらっしゃるので

財布の細部レビューはさておき、汗

自分はihpnoe seとのサイズ感をお届けしたいと思います。


 

幅がほぼ一緒、もっていいて気持ちがいい。

やっぱり厚みが結構ありますね。

ただ、カードが開けなくても取り出せるので、クレジット&電子マネー派の自分は

各段に支払いがラクになりました。

現金での支払いも、小銭の使用感も落ちる心配なく使いやすいです。

お釣りの受け取りはしやすいと思います。

使い始めて、1週間ほどで、スナップボタンの塗装が少し剥げました。

なので、小さい財布なのに高い値段だなと思う方にはお勧めできないかなと思います。

極限まで小さい財布のコンセプトを楽しめる人には、十分価値がある商品だと思います。