「持ち物」カテゴリーアーカイブ

車を書斎にするテーブルを使ってブログを書いてみた。

男の城、パパの夢、大人の男には書斎が必要だ!!と声を大にして言いたいですが、自分でデスクテーブルを一時撤去していました。賃貸である限られたスペースで増え行く家族(子供)のモノが増殖し、書斎機能としてのテーブルに広げたものは子供の餌食になるという惨劇、、、扉がない書斎は子育て中は無理だな、、、苦笑と。休日の日中は、カフェや図書館を活用して集中してやることに、ただ朝活の時は、近くに早く空くカフェもなく困っていまいした。それから早朝の勉強でテキストを音読をするのですが、子供が寝ている時は車で作業をする事も度々ありました。車を書斎にする方法はないかと、模索するときになるテーブルを発見。じいじに木で作ってくれと依頼していた車の運転席用のテーブル。先日、待ちきれず購入。我が子が隣で昼寝中にちょっとパソコンをいじったり軽い食事もしてみました。

取り付けた感触

取り付けた感想は、なんかぐらぐらするなという感じ。テーブル自体がかなり軽量につくれられている感じ。耐荷重は5kgってことなので両腕を思いっきり乗せる事はできません。片面がデスク用の平面、もう片面がドリンク置き場付きのフードテーブルになっています。角度は、車のハンドルの取り付け位置調整で水平を取るようです。一部、取りつけられないハンドルもあるようなのでご注意ください。

食事をしてみた

食事はまずまずでした、テーブルがない時を考えれば雲泥の差といえる感じでした。ドリンク置き場が溝になっているのは、表面が非常につるつるした素材のため、滑りやすいため、溝がないと落ちる恐れがあるためだと思います。ということでドリンク置き場はあってよかった機能。食事もしやすかったです。市販のお弁当などのサイズがしっかり収まるサイズでした。あたりまえですが、車に平らなところがあるってこんなに快適かと思い知りました。家族で、車の長距離のお出かけになる時は、サービスエイリアで活躍まちがいなしと感じました。

書斎として使う

次は、ノートパソコンVivoBookをおいてパソコンをしてみる事に、ブラインドタッチでバシバシ入力するイメージでいたのですが、耐荷重5Kgでぐらぐらするのでテーブルに自分の腕をかけられないため、腕をちょっと浮かせる感じで打つことに、、、当然、疲れます。いろんな姿勢を試しましたが、モモの上に肘が置けるようなクッションでもあれば快適に打てるかなと思いました。もっと気軽に快適に使いたい考えていたのでその点は少し残念な部分でした。そうなると、書き物なんかも多く書くのには向かなそうです。ちょっとした読書やネットブラウジング的作業だとばっちりという感じでしょうか。朝、テキストの音読をする際には、いい本置きという感じで重宝しそうです。ちょっとマーカー引いたり、メモするくらいならできそうです。

商品はこちら、

 

シャチハタのフタが邪魔ならワンタッチキャップレス9

自分は、3年ほど前からワンタッチ式のシャチハタキャップレス9をずっと使っていました。押す機会の多い仕事の方にはほんとおすすめ。フタとなくす心配がないのがいいです。

 

押印時に、自動で開閉してくれるので、フタがないけど乾燥もしないという感じです。

一般のモノより少しだけ太いでしょうか。ペンケースに入れて持ち運んでいますがインク漏れをしたことはないです。印面にインクを塗布してインク補充するタイプなのも、インク漏れしくいのだと思います。

あと、押印字に少し「カッシャン」という蓋が開いてからスタンプされるので力がいります。

インク補充は、フタと外して、印面にインクを付けて乾かす感じです。

母がほしいということだったのでいつもの、Amazonで注文することに

備考で名前や字体を入力と、、、ふむふむ

「お買い上げありがとうございました。」

あ、、

入力してないのに、確定してしまった。

ちょっと焦るもよく読むと、入力しない場合はAmazonの購入者情報からの作成になるとのこと

親子ですからね、苗字同じ、結果オーライ汗

2、3日で東北地方でも届きました。

Amazonとシャチハタ9の組み合わせが便利でびっくりです。

珍しい苗字の方やワンタッチが欲しい方は使わない手はない商品かと思います。

 

 

デスクワークの5つ道具。1000円以下で便利文房具。

奥にスライムが見えてますが、、、いたって真面目な記事です。今回は、デスワーク主にパソコンと紙両方つかう自分の買ってよかった道具をご紹介してみたいと思います。1,000円以下で買える道具で、デスクワークの作業性をよくしてくれた道具を紹介していきたいと思います。道具って使う用途でベストなモノが違うと思うのでデメリットになりうる部分も書いてみました。

シャチハタ キャップレス9

これは、使ってから4年ほどになります、キャップレスシャチハタです。一般的なものより少しだけ太いかなという感じ。上部にストラップもつけられるので、立ち仕事で使う人にもよいと思います。自分はペンケースに入れてデスクで出先で使用します。4文字入れてフルネームで使用しています。今回これが、なおさらいいなと思ったのがAmazonでの購入です。母が欲しいということで、Amazonで注文すると備考欄に名前を書くようにとありましたが、うっかり購入までいってしまいました。あ、しまったと思いましたがよく読むと、指示がない場合はAmazon登録者の名字で作るとのこと。結果オーライでした。というか便利ですね。自分は当時、他で購入したので登録とか一応作業があったので。プレゼントにも自分用にもいいですよ。

ぐっと押すとバネ感触があり、開きます。

もちょっと押すと、「カシャン」という感じで押印できます。フタをなくしたくない人にはいいですね。ただ、連続でたくさん押すので、押印の感覚が楽なのがいいという作業の場合はノーマルのほうがいいかと思います。あと、サイズ的に細いモノが好みの場合のノーマルがいいかと思います。サッと取り出しで、バシッと押してペンケースにポイっと戻せるので自分は作業性が上がりました。

マックス ホッチキス サクリフラット 32枚とじ

こちらは、ホッチキスです。ホチキスって一度買うとしばらく壊れない。長いお付き合いな文具に思います。自分もそうでした。なんとく、学生時代にコンビニでかったモノをずっと使っていました。ただ、結構な厚みのモノを閉じる機会が増え、出先や替え芯の交換が頻繁になり、使いやすいのがいいなぁと。探してみると、見た目は往年のホッチキスですが、相当進化しています。まずは、商品名通り、32枚までいけます。そして、構造に工夫があるようで、力がさほどいりません。なんなら普通のホッチキスより軽いです。以外と、ホッチキスってこれくらいいけるよなって思ってやると裏切られる事がありますが、これは頑張ってくれます。閉じた裏面の針もフラットになるのが実用的です。

背面に見えているケースに替え芯が見えます。2つ入るんです。さらに、、、

中にも2つ替え芯が入ります合計で4つ入るので、替え芯の交換頻度がかなり減ります。替え芯を気にする時間が減ってこれも、作業性があがったと感じました。ただ、黄色芯を入れるところがありますが、2個入れらる構造を実現するためでしょうか、つなぎが透明のフィルムのような素材でできています。普通のホチキスならバネとかだと思います。使用して8カ月ほどでフィルムが伸びたり、へたる様子はないですが、耐久性はどうなのかなっとちょっと心配に思います。

ロジクール ワイヤレス ミニマウスM187BK

USBに差し込む小さい端子がセットのミニマウスです。基本的に操作はキーボードを使うのが好みですがソフトの性質上、マウスありきなモノがあるので持っています。出先でも邪魔にならないサイズでバックに入れやすい。あとワイヤレスはいいです。配線をいちいちよけながら作業するって意外と、作業効率の邪魔です。集中を妨げるってことで、安価でコンパクト配線がないと作業スペースも確保できます。それでも極端なサイズでないので、自分は一日PC作業をする時でもマウスはこれでいけます。電池も単四1本でいけるので、軽いのもいいです。マウスの多機能性や、マウスメイン作業で少しでも疲れの軽減効果のあるものがいいという場合は、向かない商品ですね。

ジェットストリーム 4&1

以前も紹介させていただいたジェットストリーム。いまは、フィリクションとかも勢いがあるようですが、証拠力の求めれらる仕事などでは、熱で消えてしまうフリクションではダメな事も。自分は、両方もっていますが仕事はこれです。また、替え芯を0.7にしています。0.5のリフィルで何度か、インク詰まりを経験しました。使い切る前に書けなくなってしまう。0.7だとその率が低いように思います。また、0.7の方がなめらかな書き味です。シャーペン、黒、赤、青、緑。これが一本あれば、ほぼ困らない。優等生。価格もリーズナブルで、芯ぶれもしないです。予備にかった、シルバーは色味も気にっていますが、グリップ部分が伸びてしたに少し下がってきました。グレーのグリップだから?ネイビーは前から使っているのに、グリップはピッタリフィットしている。ということで、グリップが黒の方がお勧めかと。

目薬 ロートクール40α 12mL

後は一緒に戦うスライムを仲間に、、、。目薬ですね。すいません。目の疲れに欠かせない。自分は、とっても効果なモノより、適度に差すことの方が大事だと思います。なんか、Amazonで目薬っていい値段するんですかね。これはドラッグストアでどうぞ。目の疲れって結構怖いので、重度になる前にケアされることをお勧めします。。。

歩きやすいビジネスシューズ。甲高幅広にはREGALがいい!

甲高幅広な足の方、日本には多いですよね。

自分もその一人、

甲高幅広

ビジネスシューズなんかは、しゅっとしたのばっかりです。

先があまりまくりです。

幅の広いモノもありますが、なんかこう

デザインも少なくて選びにくい、、、

甲高幅広だと甲でホールドされるので以外と先があまってても

平気だったりするんですよね。

だいたい2万円前後の本革をいくつかこれまで履きましたが、

自分が、履き心地でしっくりきたのが

10年ほど履いているREGALです。

実店舗がある強み①試着

試着ができるのは、安心です。

地方にも店舗がるのは助かります。

同じメーカーでもデザインが違うとサイズ変わります。

実際デザインで0.5㎝変えています。

自分は、スニーカーより1㎝~1.5㎝サイズを落として履きます。

最初は、ジャストでしゃがむのがきついくらいを選びます。

だんだんとなじみます。

なじむと、同じ靴を履き続けると朝一で靴が緩んでいるのわかります。

今は、3足をローテーションしています。

実店舗がある強み②修理ができる

3年目にかかとの減りがきになって修理した時は、ソール交換が5000円~6000円位。

交換時期を逃し4年だった時は、中敷までいってしまい、中敷きとソールで15,000円位

でした。1週間位で直ります。

中敷きまで交換した時は、靴買える?!

と思いましたが、直したらピカピカで戻ってきました。

愛着もわきます。

修理してよかったなと思いました。

耐久性◎だからコスパ◎

3足ローテといっても、買い足し時期もあるので頻度が高かった2足時代もありました。

それでも平均8年くらいはバリバリだなって感じです。

一回メンテって感じでしょうか。

ちなみに4足ありますが、3足がレギュラーで1足はだいぶご年齢のため、たまにといった感じです。

修理はソールが5千円位。中敷きも貼りなおすと1万5千位でした。

新しいの買えるじゃんとおもましたが、、、

微妙に買えません。

これまで、3回修理に出しています。

月25日を3足あると1足8年くらいは履ける感じです。

とても丈夫な皮なので、破けたりみすぼらしい姿になることは今までありません。

最近は、安価なモノを履く方もいらっしゃいますが、やはり1年くらいで

シワから破けたり、味がでるのでなはなく劣化していく感じがします。

それでも7~8千円とかするようなので。

最初は、大変ですが、2万円買って、一度修理して8年履いた方が、快適でコスパも良いのでは

と思っています。

そして、ビジネスにおいても3足くらいちゃんとしたビジネスシューズを

回している人と、安価な1足履きつぶしだと、印象も違います。

どちらがいいかは明らかです。

取引先の方も何度か会うと、どちらのタイプかすぐにわかります。

オーソドックスなデザインが豊富

 

こちらは、ゴアテックスタイプの防水タイプ。

雪でもバリバリいけます。まったくしみないタフなヤツ。

豪雪時、連投してもらいます。2年目選手。

 

こちらは、もっともスタンダートはタイプ。

特に茶色は、褒めていただくことが多いです。

3~4年選手。出番も多いのもありますが、茶色は色落ちが目立つが△

黒も持ってます。最初に買うならこれが無難です。

 

こちらは、ちょっとデザインあり。

2足目に買いやすいでしょうか。

これ4、5年選手です。

どれも、スタンダードなタイプです。REGALでも最も、リーズナブルな価格設定タイプです。

どれも2万ちょっとでした。

甲高幅広でもシュッとしたビジネスシューズをお探しなら是非。

 

iPhone SE レビュー。ミニマリストでいくなら4インチおすすめ!

2017年はスマホ業界は収穫時期にはいるとか、記事になってましたね。

コンテンツも充実してきていて便利を体感できる時期に本格的に入るんでしょうか。

格安SIMでいろいろ試行錯誤した自分としても思うのが、端末の性能、種類、価格の充実があり、

それぞれの感じる利便性を適正な価格で手に入れやすくなってると感じます。

自分はASUSのZenfoneMAXを使っていましたが

物欲にまけて、、、苦笑

iPhone SEを購入しました。軽さを選びました!

ZenfoneMAXはサブで使っています。いやいまでも自宅でこちらを使うので触っている時間はZenfoneMAXが完全に多い

ですが、どうしても5.5インチ200gという重さは、スーツのポケットに入れていて、少し自分には大きく重いと感じました。

それでも、動作性能や電池の持ちは素晴らしく、自宅で使用する上では、ZenfoneMAX最高です。

いや、SE値段も下がるし、、、物欲に勝てませんでした苦笑。

比較すると大分違います。サイズ感

どんなポケットにも入る

4インチ112g

この数字以上に

どんなポケットにもムリなく入るという外出時の便利さがあります。

スーツなんかの内ポケットでも、ラクに入れられて何より軽い。

SEは電池持ちは、出先でちょろっとライン、ニュース確認位なら、2日に1回の充電するペースです。

外出先でスマホはラインで連絡する時ぐらいでほぼいじらないので小さいのは正義です。

自宅でZenfoneMAXガッツリいじりますが、、、

やっぱり画面が小さいデメリットも、、、

SE1台持ちは5インチをしってしまった人には、つらいと思います。これ断言できますね。

小さくて見にくくて、絶対困る。5インチ以上になれたら、とっても小さく感じます!

あ、それでも出先で確認程度なら4インチ、大画面はサブ機で使い分ける人には最高かと。

正規レザーケース

これ、いいです。質感、フィット感いうことなし。

ただ5千円位するんで、ちょっと高いなって感じます。

買って2日でわが子に引っかかれてリンゴの下になかなかな爪痕ついてますけど苦笑。

画面はガラスフィルム。これ操作感が落ちなくていいです。2枚でお得。

以前割れたことがあったので、2枚入りにしました。フィルムとケースつけるとこんな感じです。

ガラスケース2枚入りはこちらにしました。

手ぶらでお出かけは最高

財布、スマホ、鍵があれば貴重品はOKな人なので。

全部、ポケットに収まりやすいのでどんな服の時でも気にせず手ぶらで出かけられます。