「考え方・ノウハウ・知恵」カテゴリーアーカイブ

子守をするのは、道具?人?できることから挑戦する子育て

ラーメン屋で、料理を待っている家族がいて

両親同士が会話をしていて、

子供はモバイルゲーム機を操作しながら、アニメコミックを読むという荒業同時行為をしていました。

アクロバットな行為に驚くと同時に、子供をかわいそうにも思いました。

TVアニメに頼る

わが子は、アンパンが大好きなのでついつい、困ると録画したアニメを見せることが多くなり

外出先でもスマホの動画に頼ることも多くなっていました。

P_20160415_103038

断乳を先延ばしに

断乳も取り組んでいい時期なのに、飲むと落ち着くのでついつい先延ばしにしていました。

妻だけの責任では、ありません。

授乳しれくれることで、子供が落ち着くので、助かると思う「ふし」がありました。

少しずつ挑戦するしかない

とりあえず、一生懸命遊ぶことにしました。

モニターを見せることは目に悪いことは決まっています。

それでも、わが子はかなりやんちゃな部類。苦笑。

怪力なので、妻だけでは暴れると抑えられない時のしばしばです。汗

それでも、根気よく頑張ることにしました。

自然と触れ合う

最近、やっと歩行の安定したきたので、公園、自然公園の芝なんか外に連れていくと、

ショッピングセンターやスーパーを歩かせるよりわが子が嬉しそうで

家に帰ってからも機嫌がいいことが多くなりました。

いい運動にもなるので、眠りもよくなります。

P_20160513_134415 (1)

「ぬいぐるみ」はあり?

アンパンから距離を置きたいところですが、急にゼロは難しいです。

ゼロまでする必要性もないと思っています。

モニターを見る行為が目に悪いので熟考の結果

これです。汗

結局、アンパンに頼るんかいという感じですが、、、

ぬいぐるみなら、目には悪くないし妥協範囲ということでお願いします、、、

わが子は、とっても喜んでずーっと連れまわして、一緒に寝ていました。

ショッピングセンターでは、1500円位だったので、Amazonだと安かったです。

わが子は、どんぶりまんトリオ狂なので、かまめしどんにしました。

わが子ながら、どんぶりまんトリオ好きとは、なかなかいいセンスです。笑

無理はしない。完璧じゃなくていい

外出から帰ると、妻が疲れていました。聞くとアニメと授乳を断絶していたら

わが子が、ぐずってしまった大変だったとのこと、それでも頑張り屋の妻はやり切ったようです。

すごいです。

でも疲れすぎたら、本末店頭なので本当に大変な時は、アニメを見せたりもたまにはしようと

話あいました。

完璧はなんでも疲れるし、つづきません。

これからも、少しずつ挑戦していきます。

子育ても日々勉強です。

シンプルに生きる。考えると悩むの違い。

シンプルに生きる重要性を感じています。

業務効率や精度向上を求めらる環境の経験から

やることを選ぶ以上に、やらないことを選ぶ事が大切さを痛感しました。

また、自分の能力を超える課題に対して、向き合い前に進む経験から、考えて行動をする重要性を大切にしています。

そんな中でシンプルな考えで常に課題と向き合えるよう、ニュートラルな体、心、時間、のバランスをとることを大切にしています。

「考える」ことはあっても「悩むこと」はしない

朝着る服から食べるものなど、些細な事から、時に人生を左右するような重要な事まで日常は、決断の連続です。

まずは、タスクで頭を使うのをやめます。

歯ブラシを買おう、クリーニングに何時に行く、歯医者の予約をしなくちゃ

こういう事で頭を使うのをやめています。

些細な決断に頭を使わない

スマホのメモアプリをつかう

メモもいいですが、出先い持ち歩くのを忘れたり、メモ帳とボールペンを都度探す行為が面倒で無駄です。

スマホなら、いつもありますから便利です。

今日やるモノは、このメモみながらこなしちゃいます。

これだけで、休日にありがちな「あ、今日これやり忘れた~」なんでことは回避できます。

予定のタスクはアプリ「Splen DO」

歯医者は定期健診、美容院は予約をします。

タスクアプリでもグーグルスケジュールと同期できるのがあります。

おすすめアプリは「Splen DO」です。

スマホでもPCでもスケジュールを同じクラウド上で管理できるので書き写す手間はないです。

グーグルスケジュールの右側にタスクを表示できますから、

スマホでタスクを書いておけば

PCでグーグルスケジュールを確認した時に、自動でタスクを表示してくれます。

そこでいつやるか、予定に入れちゃいます。

手帳には、書き写しています。

これは、隙間時間を有効に使う方法がこれが現段階で一番有効だと思うからです。

整理する時間を差し引いてもバーチカル手帳の効果を感じます。

考える事は紙に書く

言語化する

書き出すことで、気づくことはたくさんあります

PCやスマホをツールとして使うことは便利です。

ただ、自分の頭を活性化させて能力を引き出したい時は、手書きも有効です。

字を書く行為には、脳の働きを活発にさせてれる働きがあります。

図をつかう

これでどうなっているのかを説明できるようになります。

手法は、主にこの3つを使いっています。

マインドマップ

いわずと知れた、思考整理法です。一つの「キーワード」を紙の中心に書き

関連のある「キーワード」とひもづけしていきます。

関係性が整理され、どういった方向に詳細な情報があるのか一目瞭然です。

逆に、不足してる部分にも気づくことができます。

フロー図

作業の流れを工程別に縦に並べて紐づけする図です。

ミスの多い手順なんかをマニュアル化させるためなんかに最適です。

時系列

複数の部門で関わるトラブル発生なんかは、これでまとめます。

相手の協議が複雑化した時なんかも有効です。

いつ、どうなったか。誰とどこまで進めたか。はっきりします。

トラブルの被害を最小限に、最速、適格に解決してくれるツールです。

考えたらDOに落とし込む

PDCAでいうところのDO。「行動する」です。

考えて、整理しても次に何をするかが明確化できていないと前にすすみません。

仕事を預けた部下に、そろそろできたかなっと思って進捗を聞くと

ずいぶん初期の段階で止まっていることがあります。

「考えていた」

という回答。残念ですが、ここで止まってしまうとやっていないのと「生産性」としては同じです。

考えたら、最終的な答えが即答できなくでも、

次に何をするのかを決め、その行動をとることが大切。

あたり前なんですけど、難しい課題だと時間をかけていいとか途中でとまってもいいって考えてしまう人もいるんですね。でも、難しいかどうかは自分で決めてハードルを下げてしますととたんに前には進めなくなります。

ときには、自分には解決のできないこともあります。それでも誰かに聞く、調べる、も次につながるDOです。

行動を起こすことは情報発信なので、必ず回りが見ています。

なにかしらのきっかけをつかむのには十分な行為です。

適格な行動を続けていれば、かならず目的地につけます。

まとめ

頭がいっぱいになると、難しい問題も、簡単な選択も頭で考えていて、どの悩みに集中しなくてはいけないかが見えなくなりがちです。まずは、日常のタスクから頭を解放し、マインドマップを使って整理すれば、行動できます。自分に課題に関する専門知識やスキルが足りない時は、関係する本を読むことも有効に思います。

ツールをうまく使って、頭を開けておけば、シンプルに次の考えたいことに頭を使えます

偏頭痛と付き合う18のコツ!5年調べて気づいた事

母から遺伝でいただいた偏頭痛、長い付き合いになりますが、偏頭痛がゼロになることはありません。

ひどいときは、毎週のように頭痛薬を飲んでいまいした。決まって右眼球の裏、後頭部が痛くなるので、保冷材で冷やします。ズキンズキンという痛みが和らぎます。それでも、静かで暗いところで睡眠をとるとウソのように元気になることがほとんどです。

5年ほど、手帳に偏頭痛の状況を付けるうちに、原因や、緩和の方法がわかってきました。

いまでは、対処をわかっているので、それほど困らないですし、偏頭痛の回数も減っています。

同じような苦しみのある方の参考になればと思います。医者ではないので自己責任でムリせずお願いします。

適度な睡眠を取る

寝不足は、日中頭に酸素がいかなくなって、誘発するのはもちろんですが、寝すぎもダメです。体が凝るためかえって血流が悪くなります。自分のベストは7時間~8時間です。

筋肉痛を予防する

前日に、スポーツや筋トレをした翌日に筋肉痛になると、ほぼ痛くなります。これも血流が悪いんですね。ただ、運動の前後に念入りなストレッチをすると、頭痛を回避できることが多いです。

過剰なストレスをさける、減らす、発散する

これ、どうしようもないんですよね。なくならないんで基本的に。発散方法は、好きな事に夢中になる時間を持つと結構効果があります。ランニングなんかは、血流のよくなるので一石二鳥でおすすめです。

ファートフード、加工食品の摂取をさける

これも、ゼロにするのは無理ですね。でも、自分はこれを食べたら危ないって知っている事が大切です。自分が危ないのは、ハンバーガー&ポテトセットです。便利だし、時間の関係で今日はもうここって時もありますから、サラダとかチョイスしたりしますが、たまに食べたくで食べます。人間なので、、、

肩こり、腰痛を予防する

日ごろの姿勢を整える

まず、姿勢は頭を体の中心になる生活を心がけること。猫背や、片方に体重をかけるのは避ける。

姿勢が悪いと余計に疲れがたまります。恰好も悪いので、意識して直します。

ストレッチをする

諦めている人もおおいですが、自分のストレッチでかなり緩和できます。朝、晩ストレッチをする。自分は、あまりの体の硬さに最初ストレッチをしても効果が出ませんでした。最近はヨガをしています。呼吸を整えられること、ゆっくりストレッチする事で安定したほぐれ感が実感できます。

歯のかみ合わせを治す

歯は定期健診にいってかみ合わせをいつも良い状態にしておきます。

歯ぎしりあとで、歯にヒビが入っていただめマウスピースも試しています。

締め付け感のある服を着ない

下着から、シャツ、上着、ソックスまで、締め付け感のないモノを選ぶ。

特に注意の部位は、足首、股関節、脇、首、おなか、です。

スーツは、ゆとりのあるサイズ感に抵抗があるためストレッチ素材のモノを着ています。

水分補給は1日2Lを心がける

タンブラーを毎日持ち歩き、ティーパックを常備して、水分補給をします。

ティーパックやお湯のが難しい時は、水でもいいのでとるようにします。

蒸しタオルで疲れたところを温める

蒸しタオルの作り方

フェイスタオルを水を含ませ軽く絞り、レンジで1分温めます。熱々なのでやけど注意です。

使い方

ビニール袋に入れて、目、肩、腰を温めます。1箇所5分~10分で、都度レンジで温めなおしてやります。

目の時は、袋から出して蒸気も浴びながらやります。

バランスの良い食事を心がける

別記事で書かせていただいた通り、朝のスムージーを続けています。

高塩分なモノも、あまりよくないですね、野菜中心がベストです。

青魚もすごくいいです。意識して定期的の取るようにします。

辛い食べ物など、刺激物を避ける

もともと、辛いモノは得意ではありませんが、偏頭痛の観点からも積極的な摂取をしません。

運動をする

ランニングをします。モチベーションを維持するため、年に1度20kmマラソンに参加することを目標にしています。

走るのは、得意とかではないですが、楽しいですし、体も動くようになって一石二鳥です。

週2回~3回運動をするのが理想です。ウォーキングでもOK、、スイミングなどもいいです。

1時間ごとトイレ休憩をとる

これは、4つの効果があります。

同じ姿勢を続けない。

体の凝りを防止して、血流の滞りも予防できます。

簡単なストレッチをする。

トイレにいったついでに屈伸と背伸びだけでも、十分効果があります。

タンブラーの補給を行う

このタイミングで水分補給もしてしまいましょう。

集中力をリセットして高率化できる

人間の集中力は45分だそうです。休憩を適度にとったほうが、作業中より効率が上がります。

トイレに行く際、席を離れる際、スピーディに行きましょう。仕事をテキパキしている時の移動位です。そうすれば、あいつダラダラとトイレいってるなんて、思われるのも防止できます。ま、まわりの目は気にしないのが一番ですが。

朝起床時に、予感がしたらシャワーを浴びる

朝、予感がするときはすでに体が硬い状態です。緊張をゆるませるためシャワーを浴びると有効です。

コメカミの後ろ、耳の上あたりを40回指の腹2本でマッサージする

これは、痛いくらいやるのはダメです。頭痛が来そうなときに、やれる自分の唯一のマッサージなので、優しく、気持ちい範囲でのみやります。

偏頭痛がきそうと思ったら頭痛薬を飲んでしまう

「早めに飲む」というのは、かなり効果が高いです。偏頭痛に関して、我慢は悪化の一途をたどるだけ、早い段階でのむと本当の痛むことがないです。自分はいつでも飲めるよう財布に入れています。

眼球や後頭部が痛い時

保冷材や氷で、局部を冷やす。気持ちいい範囲で行う。

静かで暗いところで、仮眠を取る

それでも、痛い時。薬を飲むタイミングが遅れた時など、痛くなったら、事情がゆるされた段階で速やかに帰宅する。

お風呂につかって、静かで暗いところで睡眠をとる。これで治らないことってほぼないです。

これができないから、困るんですけどね、、、

まれに、体の凝りがひどい時は、起きて頭痛があります。

頭痛がある時に、マッサージで痛みが強いとかえって、頭痛がひどくなる事があります。

こういう時は、だいぶ重症なので、まずは休養をとってから、凝りの対処をします。

まとめ

自分の偏頭痛の傾向をしることで、改善策がみつかりました。

ゼロにはなりませんが、自分とうまく付き合うことができるようになってきています。