「DIY・アウトドア」カテゴリーアーカイブ

嵐にしやがれの松潤と菅田将暉が作った石窯を参考に自作釜戸DIY

▼はじめに

原野での開拓計画と小屋の製作をしている我が家では

昨年じいじの製作によって小屋が完成しました。

塗装もされてかなりいい感じになっています。

冬のあいだ、じいじはブルーシトを葦簀で養生をしていたので

雪でも小屋は傷んでいませんでした。

この原野でもっと焚き火遊びも本格的に楽しみたいので、直火の焚き火だと、後始末に灰が残り少々手間なのと風が強い日には火が流されて他のところに移らないか心配なため焚き火を控えていました。

こんな感じで結構危ないです。

畑の作業やなにやら、目を離すことがあるためこれでは風の強い日には注意が必要だったのです。

少々の風があっても火を焚きたい!

という思いでレンガの釜戸的なモノをつくろうという事になりました。

その火を利用してBBQをしたり

後々、ピザ窯を上に乗せたいという構想のもの企画がスタートしました。

▼設計図を考える

まず、ネットで石窯などを検索してみるとみなさん結構自前で立派なモノを作っています。

原野での重要コンセプトは、変更が容易で後々の処分に困らないことでした。

なにせ、となりが民家とはいえ車で来ている上敷地までには勾配もあるので重要のあるものの持ち運びは結構な重労働です。解体できないモノなどはそうそう作るわきにはいきません。

コンクリなどで固めてしまわない簡易なモノがいい!

という事に、

そういえば、嵐にしやがれで松潤と菅田将暉君が作っていたよ

という話に、録画していたTV番組を見ていると

なるほど、作ってました。

参照:日本テレビ系 嵐にしやがれ

ビルの屋上でわずか10分足らずでピザ窯を作っているじゃないですか!

これだね!ということで

ざっくりした設計図のもと

問いあえず耐火レンガ20個とブロック6個を購入しました。

予算は6,000円ほどでした。

特に「嵐にしやがれ」のTV番組を参考にしたのは、積むだけ製法サイズ感です。

私たちの条件は、屋上ではないため高さは出さず地面の土を利用します。

上にあとで網をのせる予定で石板ものせない計画です。

簡易石窯を参考に簡易釜戸をつくるイメージです。

▼基礎を作る

当初よりかなり整備されいる原野ですがそれでも置く場所を草刈りでキレイにして土を軽くならしました

そのうえにブロックをならべます

この時点で一応水平器で水平をじいじにとってもらいました。

確かにここでしっかり水平を出しておかないと、危険な感じでした。しっかり水平を出しました。

▼レンガを積む

いよいよ、レンガを積んでいきます

いろんな並べ方をしてみましたが、オーソドックスに上の段と互い違いになる並べ方が一番安定感がありました

買ってきたすべて、20個を積んでみました。

私たちの私見ですが、

「お。いんじゃない。」

材料もすべて使ったので今日はここまでで仮完成にしました。

とっても簡単ですが、機能を十分期待できそうな釜戸です。

高さをもう一段足すために後でレンガを追加することにしました。

▼火入れしてみる

軽く火を起こしてみました。

風は抜けるし、火移りの心配がないので見た目以上に安心感がありました。もう一段くらい足せば十分機能しそうです。

▼最後に

焚き火を眺めでコーヒーを飲み、この日の作業は終了しました。

相変わらず、原野で遊ぶと心が晴れます。

疲れた時、悩んだときは、自然に触れる事はいいなぁと改めて感じました。

オフロードパーク恋地で、オフ車で山登りを体験してみた。

▼はじめに

先日、地元の同級生からお誘いいただいて新境地である

オフロードパーク恋地Yonkus!Land

という場所に遊びに行ってきました。オフロード車での山にできたコースを昇り降りする競技を見学、体験させてもらいました。

3歳の我が子と一緒に行きました。

 

▼オフロード車ってどんな車

未放送路を走るのに適した車で、高い車体位置、おおきなタイヤを装着した車の事でオフ車と略して呼ぶそうです。

とても人が歩けないような泥濘地や岩場なんかも、コースを読み切ってみなさん攻略していました。

みなさんおもいおもいのカスタムをされているのも個性があってとても楽しそうでした。

これが、友人の車。比較対象がないですがかなり大きなランドクルーザーです。リフトアップされていて車体が上がっているので177cmの自分でも乗り降りがやっとでした。かっこよく、安心感があっていいですね。

▼実際に乗せてもらったオフロード

そもそも、ふわっとした理解でいたのですが競技があって大会に出ている人もいるとのこと。

すごい迫力と爽快感でした。高いし、急こう配での落差もすごいし地形の変化をダイレクトにうけて非日常の楽しさがありました。

山と谷を繰り返すコースの状況を読み切り、ハンドル操作をして上りきる様は、年齢問わず多くの男子は大好きな楽しさがあると感じました。

息子は、怖がる様子もなく斜めになる車で落ち着いている様子。最後の方は、その斜めの車で寝ていました。笑

 

 

▼住所はこちら

018-1713 秋田県 南秋田郡 (693.85 km)
五城目町馬場目字十二の台

恋地スキー場の跡地にコースづくりをされたそうです。週末には、オフロード車好きが集って活動されているとの事

 

▼オフロード場所

【専門リンクサイト↓】

http://www.offroad-park.yonkus.net

サイトで活動内容や詳しい場所がリンクされています。

▼感想

次にのる車にオフ車が候補に入りました。笑

アウトドア好きの自分は、山でコーヒー飲むのが好きなのでオフ車を選択に入れない手はないです。車の維持費の方法もいろいろな方法があるようで、詳しく聞きながらじっくり次の車を考えたいと思もいます。また、このオフ車の活動にも顔を出させてもらおうを思います。子供連れの方もいらっしゃって、年齢層も幅広く、長く楽しめるすごくいい趣味を発見しました。

 

一人で小屋のDIY完成間近!

自分が思った以上のブログを見ていただくことが増えうれしく思っていましたが、久しく更新できず。更新すべきでない環境とも感じる状況でもありましたが書くことが楽しい、見てもらえることがうれしいと改めでブログの楽しさを感じました。自分にはブログを書くことが大切な事だと感じたので、時間を作って少しずつでも書いていこうと思います。

引き続き、原野の開拓では順調に畑もしていて、姉夫婦も自宅に家庭菜園をしていたり、ふと土いじりをする事や自然で遊ぶことを意識する様になったら回りの人も何かしら土の触る趣味をもっていたり興味があることに気付きました。

そういったことに気軽にトライできるのも地方で暮らすいい所と感じました。頭で想像するより、自然の中で過ごしたり土に触れる事はエネルギーをもらえるんだと実感をした年でもありました。

特に、じいじのDIYの小屋企画だけは自分のブログがおいて行かれる位に今年順調に進んでいました。実はずいぶん前に壁が完成しています。ほぼ外観は仕上がった感があります。

ここまで、完成度が高いとは身内は驚きです。基礎を「エイヤっ」て笑。水平器も忘れてスマホアプリで水平をなんとくとったのがスタートとはとても思えない、笑。機材に持ち運びや、行ったときの少し手伝いはしましたが、ほぼ一人で作っているのがさらにすごいです。

じいじが、全部直してくれたようです。

一番右の板は仮です。小さなデッキスペースが隠れています。

なかなか、天気にめぐまれい事もあって、この原野でゆっくりBBQ的な事ができていません。わが子も3歳になりじいじの小屋と認識していて、楽しみにしているようです。

 

 

一人で作れる小屋づくり。扉をDIY

小屋づくりの続編です。屋根にトタンができ着々と進行してます。当初小屋部分は1,800×1,800㎜の予定でしたが、デッキ方向に延長することになりました。デッキは後からでも足せるので居住スペースを増やす事になりました。1,800×2,400㎜位にはなるん感じです。わが子は、小屋のほうがお気に入りで先日は、テントより工具だらけの小屋に入り、じいじを興味津々にみて質問攻めしていました。笑。子供は、自然に連れていくと虫なんか見るとびっくりするようで、それでも基本外で自分の遊び方を見つけて探検して楽しそうです。成長のイイ刺激にもなりそうですね。私も買ったチェアに腰掛けテントで寝ているだけだと、じいじに怒られそうなので、ちょっと頑張りました。原野には、いくつもの野生化した木々が生えています。当初の開拓でたくさん切り落としましたが、根が残っていて躓いたり畑の邪魔になっています。幾度となく挑戦しては諦めた大物を取ることに。。

根を入れて、50~60cmのサイズです。この状態で下に根が幾重にも張り付ていてびくともしません。ひたすら、唐鍬で回りを掘り下げました。この日は、暑く夕方なのに汗だくに。唐鍬で回りを堀りさげても、切り株の真下が根がついている模様。じいじが用意してくれていた。鉄の太くて、重い謎の棒。とその辺の木。

これでテコの原理で、切り株の下に入れて何方向からも切り離していきました。自分がテコの重りになり乗るたびにミシミシっと根が切れる音。いい感じ。ついに・・・

抜けました。めちゃくちゃ気持ちイイ。次に日体が筋肉痛になるのは間違いないですが、この達成感がかえがたい。まだあるので次回もやろう。そうこう、自分が遊んでいる?間に、じいじに呼ばれ手元の作業に、

扉は板で張り合わせた自作で、かなり丈夫でした。丁番を取り付けるため、呼ばれ作業しました。床との隙間もうまい具合にはまって扉はスムーズに開閉しました。立て付けよかったです。室内からの画像です。扉横の壁ができればいよいよ小屋の全貌が見てきそうです。

サイドテーブルデッキチェアSTは、コスパと実用性が高い!

これまで、1,000円のチェアをメインにアウトドアで使用していました。主に原野での使用なのですが、足のプラスチック部分の破損してしまいました。やっぱり値段なりかな~とあきらめて新しいアウトドアチェアを探すことに。今は、ロースタイルとか、ヘリノックスの軽量性の高い椅子なんか人気のようですが、それもいいなぁと思いつつ、結構バイクツーリングなど携帯性を求めている人ようなので、自分はこれにしました。アウトドアでも、あまり整備のされていない環境化で、少しでも平らスペースや安定した場所を確保したい場合は、こういったしっかりしたチェアが威力あります。

原野での利用を考えるとサイドテーブルがあって、自立がしっかりしていれは荷物もかけられます。実際、雨の翌日だったりすると地面が湿っていたり、荷物をよごしたくないので、このチェアを開けばバックパックをかけて、ポケットのスマホやキーなどをサイドテーブルにジャラジャラとおけます。今回はタケノコが上がってますね、笑。テントなど持ってきたものもとりあえず椅子の上におけるので荷物が汚れません。倒れる心配がないので安心です。僕のニーズには、ピッタリだなと思いました。


カップホルダーも便利です。カップホルダーに置いておけばちょっと飲み物にぶつかっても転倒防止になり実用性あります。あと、ネットで見る限りなんとなくデザインがいまいちなのかなと思いましたが、実物は全然大丈夫でした。ダサくないと思います笑。デメリットは重い、サイズが大きいという事、快適さ優先になると思います。自分は2台を車に積んでいますが、他の荷物も考えると4人分などを積載するには、かなり大きな車でないと積めないと感じます。家族全員などの計画される時は、入念なサイズの検討が必要と感じました。この強度と実用性で一台3,000円ちょっとはアウトドアチェアの中でかなりコスパが高いと思います。