「DIY・アウトドア」カテゴリーアーカイブ

ワンタッチテントはデイキャンプの強い味方。

小屋の作業をする間、原野にわが子を連れていく機会もあります。小屋ができるまでは、環境は山そのものという事で、アウトドアで子供を連れいてくと、オムツの交換や、お昼寝などちょっと困ることがあります。デイキャンプなんかでもテントがあれば、、、と思っていましたが、デイなのに設営って結構大変です。。。子供が小さいとテント設営だけに集中するというわけにもいきません。ひと昔前の、ワンタッチテントを思い出探してみるとありました。そんな中、発見したこのテント。設営が1分の脅威のテントです。

1分と聞くとちょっと大げさですが、でっかい折り畳み傘を想像してもらえればいいと思います。なので設営はバッと開くところは15秒もかかりません。一瞬で、テントができますが。グランドシートを下に敷いたり、ペグダウンしたりするのでまぁ5分~10分くらいで完璧って思えばいいかなと思います。専門的な知識のに自分でも自宅で練習して1回開いただけで使えています。たたむのも、折り畳み傘と一緒です。一瞬でたたまれますが、袋の小さく織り込んでいれるのはそれなりに空気抜いて丸めてって感じです。まぁ5分~10分でグランドシートとペグ回収までできるかなって感じです。15秒で形になるのは精神的にできた感があっていいですよね。安心します。ただこれ、自分は全部一人での作業です反対側もって~的な作業が一切いらないので、やっぱり簡単です。ひと昔までのワンタッチのモノがありますが、あれよりも骨組み構造でなんだか恰好はいいけど、壊れやすいのかなぁと心配もありましたが、3度の使用でも、順調に活躍しています。以前のタープは大人の5~6人が椅子に座ってって感じでベストです。このテントは大きく見えますが、3~4人とかで中で囲んでランチやお昼するのにゆとりもあって丁度いいです。もちろん5、6人でも入ると思いますが、少人数でも大きすぎるってことはないかと。換気できる窓が4つと天窓があるのは、いいですね。メッシュで虫は入りません。換気は、もちろんですが。中から外の様子が見えるのが閉鎖的にならず解放的です。一度、小雨がふりましたが、はじいてくれました。それでも、本降りに期待して使用するのは避けようと思います。本降りだと、泊まると厳しいという意見もあるようなので、その時は上にタープなのかなと思っています。デイで使う分には、最高です。構造が複雑なので、骨が折れないよう注意ですね。

中にはレジャーシートを敷いて快適さがグッとアップました。適度に厚みがあり、地面の凹凸を和らげてくれます。

直接外でも敷けるよう裏は防水の構造になっていました。結構クッション性あっていいですね。その分、折りたたんでも結構なボリュームになります。快適性を求めれる人ようのレジャーシートだと思います。コンパクトなのが欲しい人は別ですね。

 

 

ツーバイフォー材で小屋づくり~柱編~

小屋づくりが始動して、基礎から、床い板までできたのが前回でしたが、

小屋記事がなかなか書けずにいましたが

着々と進行しています。

作業は、じいじが棟梁として孤軍奮闘しているので手元の自分は

とりあえず焚火してます。笑

癒される。

焚火や木々の揺れは「揺らぎ」といって、いやす力があるそうですね。

あぁ落ち着く。至福のひと時ですね。

先日レビューしたiwataniのシングルバーナーでカップラーメンとおにぎりの昼食をいただいきました。コーヒーはインスタントです。どちらも、このバーナーひとつで手軽にできました。

小屋の方は、仮止めをしながら試行錯誤でなんとか4本の柱がそれらしくなってきました。床板もすのこのように隙間を開けていたのをつめていきました。柱だけはツーバイフォー材でなく角材を購入しました。あとコンパネも買いました。

タープは休憩所です。この日は日差しも強く暑かった。。

屋根は、じいじが三角屋根か片流れがいろいろ話がありましたが、片流れでお願いしました。なんか、形ができてくると感動しますね。

ものづくりってすごい

手元の自分は終始呼ばれるたびに、支えたり、抑えたり、インパクトドライバーでネジ止めたり、材料を切ったりしました。まさに手元、苦笑

じいじのバイタリティーにかないません。。。

仮止めの箇所も多々ありますが、かなり形になってきました。

小屋が1800×1800

デッキが1800×1800

というスペースです。

なんか、ちょっとくつろげそうですね。

小屋ってロマンですね。

また、引き続きアップしています。

アウトドアでカップラーメンならiwataniバーナーがいい!

かれこれ、はまっているアウトドア

久しぶりに行ってきました。

といっても、原野の開拓の続きですが、、、

山小屋を立てる計画があったものの、なかなか計画が固まらず、

半ば、勢いで制作に入りました。汗

その記事は別でかきますが、

こうして、何度も「アウトドアごはん」をしているとパっと済ませたりもしたくなるもので

荷物も減らしたいということで・・・

iwataniのシングルバーナーを購入しました。

3,500円位だったかと思います。

しっかりした作りで、火力も強いです。

家庭用のガスボンベが使えるタイプなのが経済的で良いですね。

ガスボンベだとコンビニや100均などでもあるので調達しやすいのもいいです。

1リットルが4分で沸きます。体感してみてたらあっという間に沸く感じでした。

付属のショートタイプのガスボンベは使い切り、一般のモノがついています。

このケトルはカップラーメン2杯分いけます。

 

カップラーメンとコーヒーがこんなに手軽に食べられるのはいいですね。

アウトドアにきても

カップラーメンとコーヒーが飲めると

かなり満たされます。

iwataniのシングルバーナーは手軽でお勧めです。

 

小屋暮らしなるか!?2×4でDIY挑戦!

昨年に引き続き

原野での、アウトドアを楽しんでいます。

ロマンあふれる小屋という存在。

小屋暮らしなるものを実現されている人もいようで。

去年はここで、カヤ付タープを立ててみんなでコーヒーや食事を楽しむことができました。今年はかねてからの願望。

小屋。。。暮らし。。。

いや、まず小屋がほしい。苦笑

原野で、青々と木々が茂っているものの、隣接には住宅もあるため一見小屋を立てるのは、ハードルが低くも感じましたが。電気、水、ガス、等のライフラインなし、車から現地まで傾斜あり、ということで、運搬から、電気の確保発電機等すべて人力でやるため素人がやるには、ハードルが低くはないと感じていました。

じいじ(私の父)は、ブログでも紹介した通りベットを作るなどDIYが得意です。それでも、前々から計画しては実行までいかない「小屋計画」完璧な構想を難しいんだなと感じていました。

それでも、「小屋は欲しい!」

時には熱意と勢いも必要ということで、前々からの計画を頭に半ばザックリで資材を買うことに。笑

基礎と、床だけで結構あるなぁ。。。それでも、今のホームセンターはトラックを貸してくれて資材の相談にも乗ってくれてとっても親切です。

「え、小屋ですか!え、現地に電気ないんですか?」

「えっ、原野?、傾斜上って資材運ぶ??」

とまぁ、だいぶ困惑されてましたが、汗

とても親切で、買い増しの材料時も、親身に対応してくれました。1時間半貸してくれたので、移動して積み下ろし。

よいしょっと

この時点で汗だく。

基礎、セメントとか20kg~25kgとかでしょうか。もう、運搬だけてかなり汗だくです。苦笑。そこから、本日の目標は基礎工事と床板。水平器を忘れたことに気付きましたが、もう、買いに行ってる時間はありません。スマホのアプリで対応。汗

「うーん、なんか曲がってない?」

というご意見は、あるでしょうが、、、本人達は必至です。しばし、ご静観をお願いします。笑

なんとか、すのこ?な感じの床まで完成です!!

2×4材を使用しています。

サイズは1800×3600㎜位です。

後日、水平や隙間など修正する事になりそうですが、ひとまず、思いが形になり計画が前に進み感動です。帰りは、ブルーシートで養生して帰りました。

これから続編も書いていきます。

 

焚火料理でススをつけないコツ。コーヒーを淹れる。

原野開拓計画をすすめるため、

より、おいしいコーヒーを飲むため、

Amazonで買いました。

五徳とステンレスマグです。

P_20160519_114953

ダブルステンマグは保温性◎

いくらもしませんが、家にあるもの代用しずぎないのもアウトドアを楽しむために大切なようなので、、、

マグをかいました。

保温効果とコンパクトそしてシンプルでお手入れがラクなのを

ということでこちらのなりました。

格安800円しません。ダブルステンなので直接に火にはかけられません。

保温性高いです。コーヒーにベストなサイズ240ml。

五徳って?

名前しりませんでした。こういうのあるんですね。

焚火の上に、ケトルや料理を火にかけられます

焚火を利用して料理するなら便利すぎます。

800円しません。格安です。

焚火と「スス」の問題

焚火の火は道具を「ススだらけ」にします

結構、手入れが曲者です。

なるべく簡単がいいなぁと思って

五徳に使わなくなった疲れた鉄板を載せました。

P_20160521_110442

無事、「スス」知らずで快適なコーヒーが飲めました。

沸騰まで時間がかかるかなと思いましたが、全然大丈夫でした。

まとめ

焚火で入れたコーヒーはまた、格別でした。

いつものペーパードリップで淹れました。

今回は、コーヒーを楽しんで畑の開墾にとりかかりました。

植えられたらまたレビューします。