ZenfoneMax1ヵ月レビュー!ASUSのSIMフリースマホ

ZenfoneMaxを使用して1ヵ月がたちました。

おおむね良好ですが、人によってはデメリットになる部分も書きたいと思います。

5000mAhの電池持ち

5000mAhの大容量のバッテリーは、スマホ最大容量になります。

モバイルバッテリーになる機能もある位なので、ただ自分はその機能を常用するつもりはありません

スマホもバッテリーが痛むと長い目でみて生活が不便になるので。

NEXUS5の時のそれを体験しました。バッテリー交換をメーカーにしてもらいましたが、購入時のようなリフレッシュ感がありませんでした。システムのバージョンアップに原因があるようですが、2年以上快適に使うためにはバッテリーに余裕がある大切さを痛感しました。

割とヘビーに使ってるのですが、電池は2日は十分もちます。3日目はかなず充電するサイクルです。

毎日の充電よりすごくラクです。

デメリット:電池持ちより、日々のスマホの軽さが重要という人には、ありすぎるバッテリ容量ということになると思います。

耐衝撃性

以前のモノより耐衝撃強度が2倍になっています。

何度か室内で落としました

あ~って焦りましたが、その時は問題ありませんでした

今のところは、キズや動作不良になることはありません。

デメリット:妻のZenfone2より丈夫な印象があるので自分は安心感ありますが、なんども画面破損される方の場合は不安だと思います。そういった方は、iphoneなんか価格も含めて納得であれば候補だと思います。

メモリ2Gでサクサク

メモリ2Gとまあ標準ですが、既存アプリに「メモリ解放」があるので、それをこまめにやるだけでフリーズはないです。ゲームなんかしないのでWeb閲覧や、SNSだと十分快適というレベルです。

デメリット:ゲームもサクサクとうたっているスマホですが、これよりサクサク動作を売りにしているスマホは存在するようです。ゲーム必須や、少しでもサクサク動作を優先する場合は他のスマホが候補になります。

5.5インチ画面サイズ

5.5インチの画面に5000mAhのバッテリーがあり重量は202gです。

小さい胸ポケットとかだと、きついかなって時があります

自分は、ポシェットやボディバッグを持つことが多いのでその中に入れているので不便はないです。

手ぶらの時は、パンツの後ろポケットに入れますが、硬いところに座る時は、必ず出さないと割れそうで怖いですね。

デメリット:小さいスマホを片手で操作が必須という方は候補にならないと思います。

ただ、片手操作用に画面を小さくする機能があるのでそれで対応できる方は、これも有効です。ホーム画面ダブルクリックで切り替えです。

私も、片手操作できるスマホを2台使って、zenfphone Maxにしました。片手では操作できませんが、画面が大きい分Web閲覧等情報量が多く結果、便利に感じています。たまに、Nexus5を触りますが小さくて疲れるので小さい画面のスマホには戻れないと感じます

カメラ1300万画素

レビューしていなかったカメラ機能ですが、これまでアップしている写真はこれで撮っています。

P_20160422_155835_HDR

こんな感じに撮れます。普通に使う分には十分だと感じます。

NEXUS5は800万画素でしたが、それでも不便はなかったので。

いまは、ほとんど子供の写真は普段これで済むので手軽で、シャッターチャンスを逃すことも少ないです。

自分はGoogleドライブにあげているので、データがなくなる心配もないですし、家族で共有しているので

実家でもわが子の様子を見ることができるようになっています。

まとめ

大きい画面での、操作性、情報量が向上するメリットを求める人

電池持ちは正義だと考える人

Web閲覧、SNSがメイン、カメラ画素数も求める

こんな人におすすめできる端末です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です